英語一列(教養英語) - 東大シケプリ・過去問データベース UTaisaku-Web

英語一列(教養英語)

英語一列(教養英語)とは、東大1年生必修(※)の英語の授業である。習熟度別にクラス分けがなされ、各人の能力に合わせた英語の授業が行われる、とされている。

正式な講義名は「英語一列」。略称は「英一」。愛称が「教養英語」で、俗称は「強要英語」。

(※)「既修外国語(第一外国語)」として「英語」を選択した場合。

授業概要

歴史

教養英語とは、長らく東大の名物として君臨してきた「英語Ⅰ」に変わり、2013年度から登場した総合的な英語力を伸ばすための講義である。

2013年度までは4単位だったが、2014年度から2単位となり、授業時間数は(ほぼ)半減した。

一番上へ戻る

シラバス

「教養英語」は、本学教養学部の英語部会教員が教養課程における英語学習のために作成した、理科生、文科生を問わず学生の知的関心に応える高度で分野横断的な内容をもつ教科書『教養英語読本』と、これに関連したリスニング教材を使用して行う授業である。クラスは、学生の習熟度に合わせて三段階に分かれており、それぞれのグループの学生にもっとも適した進度や授業方法を採用する。その際、全クラスで共通して学習する部分を一定量設けて試験範囲とし、これに実力問題(読解およびリスニング)を加えた統一期末試験を実施する。

一番上へ戻る

授業形態

英語一列(教養英語)は、S1タームとS2タームのどちらかに週1コマ、A1タームとA2タームのどちらかに週1コマが指定される。

クラスによって授業内容や進め方は異なるが、期末試験の問題は全クラス共通の問題となる。期末試験は、セメスターの終わりに学年全体で一斉に行われる。

一番上へ戻る

クラス分け

クラス分けの概要

英語一列(教養英語)は、習熟度別に3つのクラス分けがなされる。1つのクラスは25~40人で構成され、クラス分けの基準としてSセメスターは入学試験の英語の点数が、AセメスターはSセメスターの英語一列期末試験の成績が用いられる。クラス分けはおおよそ以下の比率で振り分けられる。

グループ1の授業は強制的に英語で行われる。グループ2・3の授業は原則日本語だが、希望すれば「English only class」を受講することができる。

この他に「英語特別クラス」なるクラスもあるが、これは非英語圏からの留学生や入試の外国語を英語以外の外国語で受験した学生で、かつ英語の履修を希望する学生を対象としたものである。英語特別クラスの評定は「良」が上限となる。

一番上へ戻る

Sセメスターのクラス分け基準

Sセメスターは、東大前期試験の英語の点数によって、英語一列のクラス分けが行われる。

なお入試英語の成績によってG1・G2へのクラス分けが行われるのは、「前期試験」において外国語の試験を「全問」「英語で」解答した場合である。外国語の一部または全部を英語以外の外国語で解答した場合は、3月末にクラス分けの試験が別途行われる。前期試験の試験以外で合格した場合は、例え帰国子女であってもG3に振り分けられているようである(?)。

UTaisaku-Webの集計に基づく、入試英語の成績によって行われるSセメスターの教養英語クラス分け基準点は下記の通りである。

年度 G3 G2 G1
2016
2015 ~72点 73~88点 89点~
~72点 73~86点 87点~
2014 ~79点 80~91点 92点~
2013 ~79点 80~91点 92点~

(特にボーダー付近の点数の方で、いや自分は違うグループだったよ、という方は、ぜひTwitter「@todai_info」へのリプやメールでその旨をお伝えください!)

一番上へ戻る

教科書

英語一列(教養英語)で使用する教科書は以下の本である。なお、奇数年度と偶数年度で使用する教科書が異なる

教養英語読本Ⅰ

東京大学教養英語読本Ⅰ

東京大学教養英語読本Ⅰ』は、奇数年度の英語一列の授業に使用される教科書である。

一番上へ戻る

教養英語読本Ⅱ

東京大学教養英語読本Ⅰ

東京大学教養英語読本Ⅱ』は、偶数年度の英語一列の授業に使用される教科書である。

一番上へ戻る