東大国語対策 - 勉強法&参考書 - 東大受験まとめサイト UTaisaku-Web

東大国語

東大国語は、2000年以来、

という形式が続いている。

これを文科は150分、理科は100分で解く。国語は東大入試1日目の午前中、つまり東大入試における最初の科目だ。

ちなみに、1999年以前は、理科は4題、文科は7題の出題だった。

東大国語対策

東大国語を攻略せよ!

一番上へ戻る

東大国語・出典一覧

東大現代文(文理共通・第一問)・古文・漢文出典

東大国語、第一問・第二問・第三問の出典。

年度 第一問 現代文(文理共通) 第二問 古文 第三問 漢文
2015 池上哲司『傍らにあること――老いと介護の倫理学『夜の寝覚』 紀昀『閲微草堂筆記』
2014 藤山直樹「孤独と分裂――落語家の仕事、分析家の仕事」
(藤山直樹『落語の国の精神分析』所収)
井原西鶴
『世間胸算用』
『資治通鑑』
2013 湯浅博雄「ランボーの詩の翻訳について」
(雑誌「文学」2012年7,8月号掲載)
『吾妻鏡』 『三国史記』
2012 河野哲也『意識は実在しない俊頼髄脳春秋左氏伝』昭公二十年
2011 桑子敏雄『風景のなかの環境哲学『十訓抄』 白居易「放旅雁」
2010 阪本俊生『ポスト・プライバシー『古今著聞集』 文瑩『玉壺清話』
2009 原研哉『『うつほ物語』 万里集九『梅花無尽蔵』
2008 宇野邦一『反歴史論『古本説話集』 兪樾『右台仙館筆記』
2007 浅沼圭司『読書について『続古事談』 陶宗儀『輟耕録』
2006 宇都宮輝夫「死と宗教」
(『岩波講座 宗教 第3巻 宗教史の可能性』所収)
『堤中納言物語』 彭乗『続墨客揮犀』
2005 三木清『哲学入門『住吉物語』 (文科) 陳其元『庸間斎筆記』
(理科) 蘇洵『嘉祐集』
2004 伊藤徹『柳宗悦 手としての人間『庚子道の記』 (文科) 田汝成『西湖遊覧志余』
(理科) 蘇軾『東坡志林』
2003 小松和彦『神なき時代の民俗学『古本説話集』 (文科) 利瑪竇(マテオ・リッチ)『畸人十篇』
(理科) 韓非『韓非子』
2002 村上陽一郎「死すべきものとしての人間」
(村上陽一郎『生と死への眼差し』所収)
『神道集』 (文科) 龔自珍『病梅館記』
(理科) 応劭『風俗通義』
2001 リービ英雄『日本語を書く部屋(文科) 『栄花物語』
(理科) 『十訓抄』
(文科) 曾益『李賀詩解』
(理科) 韓愈『対禹問』
2000 加茂直樹「環境と人間」
(加茂直樹『社会哲学の現代的展開』所収)
『成尋阿闍梨母集』 (文科) 何喬遠『閩書』
(理科) 司馬遷『史記』

一番上へ戻る

東大現代文(文系用・第四問)出典

東大国語、第四問の出典。

年度 第四問 現代文(文科のみ)
2015 藤原新也「ある風来猫の短い生涯について」
佐々木倫子『動物のお医者さん』第6巻(白泉社文庫)内の解説文)
2014 蜂飼耳「馬の歯」
雑誌「図書」2013年3月・第769号掲載)
2013 前田英樹『深さ、記号
2012 河野裕子「ひとり遊び」
(河野裕子『たったこれだけの家族』所収)
2011 今福龍太「風聞の身体」
雑誌「図書」2010年6月・第736号掲載)
2010 小野十三郎「想像力」
(小野十三郎『詩論+続詩論+想像力』所収)
2009 馬場あき子「山羊小母たちの時間」
(日本経済新聞社編『日曜日の随想 2007』、
日本文芸家協会編『不機嫌の椅子 ベスト・エッセイ2008』所収)
2008 竹内敏晴『思想する「からだ」
2007 清岡卓行『手の変幻』(文庫版
2006 宮澤康人「学校を糾弾するまえに」
(佐伯胖・汐見稔幸・佐藤学編『学校の再生をめざして 1.学校を問う』所収)
2005 小池昌代「背・背なか・背後」
(雑誌「図書」2004年7月・第663号掲載)
2004 多木浩二『写真論集成
2003 篠原資明「詩的言語への交通論」
(篠原資明『言の葉の交通論』所収)
2002 永井均『転校生とブラック・ジャック』(文庫版
2001 岡部隆志『言葉の重力――短歌の言葉論
2000 三木卓『海辺の博物誌』(新書版

一番上へ戻る

東大国語対策(総合)

東大国語対策の参考書

理51-264 :大学への名無しさん:2010/11/07(日) 15:51:49 ID:JS6ueANt0
国語対策でいい本ある?
25カ年みたいな奴で慣れればいけるかな。夏は平均程度で終わった

理51-266 :大学への名無しさん:2010/11/07(日) 16:36:37 ID:BjraDWn6O
>>264
俺は河合精選しかやってない。

一番上へ戻る

解答は一行に何文字くらい書く?

文38-30:大学への名無しさん:2011/02/02(水) 23:02:28 YmoI/iBTO
解答は一行に何文字くらい書いてましたか?古文の内容説明みたいな設問はなるべく情報を詰め込んだ方がいいんですかね?

文38-32:大学への名無しさん:2011/02/02(水) 23:06:55 yW5FGWdyP
文字数は極端じゃなければ神経質にならなくていい。
極端に多い少ないってことは、内容に過不足があるってことだ。

一番上へ戻る

東大古典・勉強プラン

理62-656:大学への名無しさん:2011/05/04(水) 03:12:37.84 ID:CwGGI0L90
ちょっと質問させてください
現在3年生で理Iを来年受験するんですが、
古文・漢文に全く手を付けてません

1学期は英数の基礎固め+物理化学の知識の整理に使いたいので
あまり古文漢文には時間を掛けたくないんですが、やっぱりちょっと不安です
どういうプランで取り組めばいいか何かアドバイスあったら教えてください><

理62-658:大学への名無しさん:2011/05/04(水) 10:57:23.46 ID:oBONOG+qO
>>656
国語は早い段階でやっておけ。夏以降に単語や句法をまだ覚えてないようだと絶対に間に合わない。

理62-659:大学への名無しさん:2011/05/04(水) 14:59:22.83 ID://OhMxeh0
>>656
東大古典は読解力より記述力が試されてるからね。問題文は簡単だけど、記述するのがなかなかムズい。
夏休み前までにセンターレベルまで基礎固め、夏期講習や東大模試の過去問で記述力up→東大模試で腕試しがいいかと。
夏秋の模試は大事な練習なのに、その時期に基礎固まってないと練習の意味がない。
理一だからって言って古典捨てると危ない。意外と点差つく。最初の教科で自信失うのもまずいし。

一番上へ戻る