東大国語対策

国語は、東大入試1日目の午前に行われる試験科目です。

試験時間・配点は、文科各類(文系)は150分(120点満点)、理科各類(理系)は100分(80点満点)です。

なお、文系・理系とも、現代文・古文・漢文の三分野すべてから出題されます。出題形式は、記述式(論述式)です。

目次

一番上へ戻る

東大国語の試験概要

出題形式

東大国語は、2000年度入試以来、

という形式が続いています。

ちなみに、1999年度以前は、理科は4題、文科は7題の出題でした。

一番上へ戻る

出題範囲

文系も理系も、現代文・古文・漢文の三分野すべてから出題されます。

一番上へ戻る

試験時間・配点

国語の試験は、東大二次試験の最初の科目であり、1日目の午前中に実施されます。

文理 試験時間 配点
文科各類(文系) 1日目 9:30~12:00(150分120点
理科各類(理系) 1日目 9:30~11:10(100分80点

一番上へ戻る

配点の内訳

東大国語の配点は、文系120点、理系80点ですが、その内訳(現代文、古文、漢文それぞれの配点)は非公開です。

主要東大模試の東大国語の配点
問題番号 文系 理系
第1問(現代文) 40点 40点
第2問(古文) 30点 20点
第3問(漢文) 30点 20点
第4問(現代文) 20点 -
合計 120点 80点

模試等での配点は上表の通りですが、近年の得点開示にて「古文漢文が壊滅したはずなのに国語の点数が結構来ている」「古文漢文出来の割に国語の点数が伸びない」という事象が発生しており、思ったよりも現代文の配点が大きいのでは、との意見も聞かれます。(そもそもの配点が違うのか、古文漢文の採点が厳しいのか、判断しかねるところではあります。)

こうした意見や、解答欄の大きさ等を踏まえて配点内訳を予想すると、東大国語の配点内訳予想は下表のようになります。あくまでも予想であり実態は分かりませんが、少なくとも近年の東大国語では、古文漢文はやや点数が取りにくくなってきているのは確かです。

東大国語配点予想
問題番号 文系 理系
第1問(現代文) 45点 45点
第2問(古文) 30点 20点
第3問(漢文) 25点 15点
第4問(現代文) 20点 -
合計 120点 80点

一番上へ戻る

解答用紙

A3両面(理系は表面だけ)です。

文系は解答用紙1枚で、表面上部に第一問、表面下部に第二問・第三問、裏面(の上部)に第四問の解答欄という形式です。

理系は解答用紙1枚で、表面上部に第一問、表面下部に第二問・第三問の解答欄という形式です。

論述問題の解答欄は、1行が縦約135mm、横幅約8mmとなっています。1行にはだいたい30~35字ぐらいを書くことができます。

一番上へ戻る

東大国語の基本戦略

目標点

文系

合格者平均点は63点ほど(2021年度入試)ですが、合格者の感想を見るに、近年は入試本番の採点が厳しめに感じている方が多いようです。よって、普段意識する目標点は、少し積み増して70点ぐらいに置きましょう。科類による差はあまりありません。

一番上へ戻る

理系

合格者平均点は、理一が44点ほど、理二が43点ほど、理三が49点ほど(2021年度入試)でした。

合格者の感想は、採点甘い勢と採点厳しい勢が半々ぐらいな印象です。よって目標点は、理一・理二は45点ぐらい、理三は50点ぐらいとしましょう。

一番上へ戻る

東大国語のおすすめ参考書・問題集

現代文・古文・漢文それぞれのページをご覧ください。

一番上へ戻る

東大国語の問題出典一覧

東大現代文(第一問)出典一覧

年度 第1問 現代文
(評論文、文理共通問題)
2021 松嶋健「ケアと共同性──個人主義を超えて」
(松村圭一郎・中川理・石井美保編『文化人類学の思考法』所収)
2020 小坂井敏晶『神の亡霊
2019 中屋敷均「科学と非科学のはざまで」
(中屋敷均『科学と非科学 その正体を探る』所収)

→なお本問は、講談社現代新書編集部の企画で、
 著者によりオリジナル解答例が作成されています。
東大入試に現代新書編集部が挑戦! 最強の「読解王」は誰だ?
からどうぞ。
2018 野家啓一『歴史を哲学する――七日間の集中講義
2017 伊藤徹『芸術家たちの精神史: 日本近代化を巡る哲学
2016 内田樹「反知性主義者たちの肖像」
(内田樹編『日本の反知性主義』所収)
2015 池上哲司『傍らにあること――老いと介護の倫理学
2014 藤山直樹「孤独と分裂――落語家の仕事、分析家の仕事」
(藤山直樹『落語の国の精神分析』所収)
2013 湯浅博雄「ランボーの詩の翻訳について」
(雑誌「文学」2012年7,8月号掲載)
2012 河野哲也『意識は実在しない
2011 桑子敏雄『風景のなかの環境哲学
2010 阪本俊生『ポスト・プライバシー
2009 原研哉『
2008 宇野邦一『反歴史論
2007 浅沼圭司『読書について
2006 宇都宮輝夫「死と宗教」
(『岩波講座 宗教 第3巻 宗教史の可能性』所収)
2005 三木清『哲学入門
2004 伊藤徹『柳宗悦 手としての人間
2003 小松和彦『神なき時代の民俗学
2002 村上陽一郎「死すべきものとしての人間」
(村上陽一郎『生と死への眼差し』所収)
2001 リービ英雄『日本語を書く部屋
2000 加茂直樹「環境と人間」
(加茂直樹『社会哲学の現代的展開』所収)

一番上へ戻る

東大古文の出典一覧

年度 第2問 古文
(文科)
第2問 古文
(理科)
2021 『落窪物語』
2020 『春日権現験記』
2019 闌更『誹諧世説』
2018 『太平記』
2017 『源氏物語』真木柱
2016 『あきぎり』
2015 『夜の寝覚』
2014 井原西鶴『世間胸算用』
2013 『吾妻鏡』
2012 俊頼髄脳
2011 『十訓抄』
2010 『古今著聞集』
2009 『うつほ物語』
2008 『古本説話集』
2007 『続古事談』
2006 『堤中納言物語』
2005 『住吉物語』
2004 『庚子道の記』
2003 『古本説話集』
2002 『神道集』
2001 『栄花物語』 『十訓抄』
2000 『成尋阿闍梨母集』

一番上へ戻る

東大漢文の出典一覧

年度 第3問 漢文
(文科)
第3問 漢文
(理科)
2021 井上金峨『霞城講義』
2020 『漢書』
2019 黄宗羲『明夷待訪録』
2018 王安石『新刻臨川王介甫先生文集』「上仁宗皇帝言事書」
2017 劉元卿『賢奕編』
2016 蘇軾「寓居定恵院之東、雑花満山、有海棠一株、土人不知貴也」
2015 紀昀『閲微草堂筆記』
2014 『資治通鑑』
2013 『三国史記』
2012 春秋左氏伝』昭公二十年
2011 白居易「放旅雁」
2010 文瑩『玉壺清話』
2009 万里集九『梅花無尽蔵』
2008 兪樾『右台仙館筆記』
2007 陶宗儀『輟耕録』
2006 彭乗『続墨客揮犀』
2005 陳其元『庸間斎筆記』 蘇洵『嘉祐集』
2004 田汝成『西湖遊覧志余』 蘇軾『東坡志林』
2003 利瑪竇(マテオ・リッチ)『畸人十篇』 韓非『韓非子』
2002 龔自珍『病梅館記』 応劭『風俗通義』
2001 曾益『李賀詩解』 韓愈『対禹問』
2000 何喬遠『閩書』 司馬遷『史記』

一番上へ戻る

東大現代文(文系用・第四問)出典

東大国語、第四問の出典。

年度 第4問 現代文
(随筆文、文科のみの出題)
2021 夏目漱石「子規の画」
(『漱石全集〈第12巻〉小品』等に所収)
2020 谷川俊太郎「発語の根はどこにあるのか」
(谷川俊太郎『詩を考える―言葉が生まれる現場』所収)
2019 枝裕和「ヌガー」
(是枝裕和『是枝裕和 対談集 世界といまを考える 2』所収)
2018 串田孫一「動物との対話」
(串田孫一『緑の色鉛筆』所収)
2017 幸田文「藤」
(幸田文『』所収)
2016 堀江敏幸「青空の中和のあとで」
(日本文藝家協会編『ベスト・エッセイ 2015』所収)
2015 藤原新也「ある風来猫の短い生涯について」
佐々木倫子『動物のお医者さん』第6巻(白泉社文庫)内の解説文)
2014 蜂飼耳「馬の歯」
雑誌「図書」2013年3月・第769号掲載)
2013 前田英樹『深さ、記号
2012 河野裕子「ひとり遊び」
(河野裕子『たったこれだけの家族』所収)
2011 今福龍太「風聞の身体」
雑誌「図書」2010年6月・第736号掲載)
2010 小野十三郎「想像力」
(小野十三郎『詩論+続詩論+想像力』所収)
2009 馬場あき子「山羊小母たちの時間」
(日本経済新聞社編『日曜日の随想 2007』、
 日本文芸家協会編『不機嫌の椅子 ベスト・エッセイ2008』所収)
2008 竹内敏晴『思想する「からだ」
2007 清岡卓行『手の変幻』(文庫版
2006 宮澤康人「学校を糾弾するまえに」
(佐伯胖・汐見稔幸・佐藤学編『学校の再生をめざして 1.学校を問う』所収)
2005 小池昌代「背・背なか・背後」
(雑誌「図書」2004年7月・第663号掲載)
2004 多木浩二『写真論集成
2003 篠原資明「詩的言語への交通論」
(篠原資明『言の葉の交通論』所収)
2002 永井均『転校生とブラック・ジャック』(文庫版
2001 岡部隆志『言葉の重力――短歌の言葉論
2000 三木卓『海辺の博物誌』(新書版

一番上へ戻る

勉強法・参考書まとめページ一覧

順次更新予定です。

一番上へ戻る